商品情報にスキップ
1 / 1

メディアワールド テストショップ

【新品即納】[PSVita]デュラララ!! Relay(リレイ) 限定版(20150129)

通常価格
¥8,963 JPY
通常価格
セール価格
¥8,963 JPY
【必ずご確認ください】
・発売日の異なる商品の同時注文は、一番発売日の遅い商品に合わせての発送となりますのでご注意ください。
・ご予約、ご注文のキャンセルは原則不可となります、十分ご検討の上お申込み下さい。
・メーカー都合により発売日の変更が頻繁にございます。
・ご予約商品は通常発売日前日に発送いたしますが、発売日のお届けをお約束する物ではございませんので予めご了承ください。
--------------------
【基本情報】
■タイトル:デュラララ!! Relay(リレイ) 限定版
■機種:プレイステーションヴィータソフト(PlayStation VitaGame)
■発売日:2015/01/29
■メーカー品番:VLJS-05054
■JAN/EAN:4582350662542
■メーカー:角川ゲームス
■ジャンル:池袋リレイアドベンチャー
■対象年齢:CERO C 15才以上対象
■プレイ人数:1人

【商品説明】
■■限定版同梱特典
限定版同梱特典のドラマCDには、平和島静雄(+遊馬崎ウォーカー)の誕生日を祝うエピソード『千客万来』が収録されている。11名の豪華キャスト総出演で描かれるボイスドラマは必聴!
◇ドラマCD『千客万来』キャスト
・平和島静雄(CV:小野大輔)
・セルティ・ストゥルルソン(CV:沢城みゆき)
・竜ヶ峰帝人(CV:豊永利行)
・紀田正臣(CV:宮野真守)
・園原杏里(CV:花澤香菜)
・折原臨也(CV:神谷浩史)
・門田京平(CV:中村悠一)
・遊馬崎ウォーカー(CV:梶 裕貴)
・狩沢絵理華(CV:高垣彩陽)
・渡草三郎(CV:寺島拓篤)
・田中トム(CV:小西克幸)

■池袋にキレた奴らが再び集結!さあ、みんな一緒に PS Vitaでデュラララ!!
東京・池袋を舞台にした群像劇が描かれる、電撃文庫作品『デュラララ!!』(著:成田良悟)。
そのオリジナルストーリーが語られるアドベンチャーゲームが、PS Vitaに登場する!
原作小説やアニメでおなじみのキャラが集結し、ここでしか見られない物語が繰り広げられる本作。
自分の手でキャラクターを操作し、3Dで再現された池袋の街を思うままに探索できる、ファンにとって見逃せない作品となっている。
■冬の池袋に新たなハプニングが到来!?
物語が起こるのは1月の池袋??。竜ヶ峰帝人、紀田正臣、園原杏里の3人が学校の始業式を迎えているころ、街では露西亜寿司のサイモンがビラを配り、平和島静雄が自動販売機を放り投げる、日常の光景が繰り広げられていた。
一方、首なしライダーのセルティ・ストゥルルソンは、次々に依頼される『アタッシュケースのお届け物』に翻弄される日々を送る。
ある日、そんな池袋が前も見えないほどの砂嵐『煙霧』に見舞われる。
突然局地的に発生するその煙霧に乗じた強盗も現れるようになり、街は再び騒動に包まれていく……。
■約40人ものキャラクターがフルボイスで登場!
◇セルティ・ストゥルルソン(CV:沢城みゆき)
池袋に出没する首なしライダー。愛馬のコシュタバワーを駆り、運び屋を営む。元々はアイルランドに暮らしていたが、失くした『首』を探して日本にやって来た。
◇竜ヶ峰帝人(CV:豊永利行)
池袋の私立高校・来良学園に通う1年生。高校入学を機に上京し、一人暮らしをしている。真面目でおとなしい性格だが、『非日常』に強い憧れを持つ一面も。
◇紀田正臣(CV:宮野真守)
来良学園1年生で帝人の幼なじみ。明るく社交的な性格をしており、ナンパが趣味。親友の帝人とよく行動し、彼に寒いギャグをぶつけては冷たくあしらわれている。
◇園原杏里(CV:花澤香菜)
来良学園1年生。帝人のクラスメイトで、彼とともにクラス委員を務める。控えめで口数が少なく、何かに『寄生』して生きている自分のことを疎ましく感じている。
◇折原臨也(CV:神谷浩史)
新宿に事務所を構える情報屋。人間に対して歪んだ愛情を持っており、ひょうひょうとした言動を見せる。高校のころの同級生だった平和島静雄とは犬猿の仲。
◇平和島静雄(CV:小野大輔)
金髪にバーテン服、サングラスが目印の取り立て屋。人間離れした怪力を持ち、『池袋最凶』と恐れられる。折原臨也を心底嫌悪し、出会うたびにぶつかり合う。
◇岸谷新羅(CV:福山潤)
池袋で闇医者として活動する青年。臨也と静雄の幼なじみで、現在は相思相愛のセルティと同棲をしている。会話中に四字熟語や難解な単語を好んで用いるのが特徴。
■おなじみのキャラを操作して進めていく『Relayシステム』
ストーリーのチャプターごとに別のキャラを操作する、『Relayシステム』が採用されている本作。
複数人のキャラの視点で池袋の街を歩き、情報やアイテムを集めながらシナリオを進めよう。
また、3Dマップ上に立っているキャラに話しかけると、『RP』というポイントを使ってお互いの『Relation』を深めることが可能。
『Relation』が深まれば、キャラ同士の特別な会話イベントが見られる!
■権利表記:©2014 成田良悟/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/池袋ダラーズ ©KADOKAWA CORPORATION 2014