商品情報にスキップ
1 / 1

メディアワールド テストショップ

【中古即納】[PSVita]男遊郭(おとこゆうかく)(20150219)

通常価格
¥2,234 JPY
通常価格
セール価格
¥2,234 JPY
★必ずご確認ください★※アンケートハガキ、オビ、チラシ、ページに記載のない特典などが欠品している場合がございます。※DLコードやシリアル番号等の保証は一切ございません。※ディスク・カードには使用に支障の無い程度の傷がある場合がございます。
--------------------
【基本情報】
■タイトル:男遊郭(おとこゆうかく)
■機種:プレイステーションヴィータソフト(PlayStation VitaGame)
■発売日:2015/02/19
■メーカー品番:VLJS-00094
■JAN/EAN:4527823997820
■メーカー:ディースリー・パブリッシャー
■ジャンル:遊郭通い恋愛ADV
■対象年齢:CERO D 17才以上対象
■プレイ人数:1人

【商品説明】
■男女が逆転した吉原で、毎夜紡がれる恋物語―。
◇男遊郭とは
『男遊郭』は、男女が逆転した遊郭・吉原を舞台にした、CDやコミックなど、さまざまなメディアで乙女たちの注目を集めている女性向け恋愛ゲームです。
スマホ・タブレット向け恋愛アプリ「逆転吉原」を元に、PlayStation®Vita専用ソフト『男遊郭』として装いも新たに登場。
眠らない郭街・吉原を舞台に、主人公・偉宝みさを(名前変更可)と、『男花魁』と呼ばれる華やかな男性たちとの大人な恋模様が描かれていく。
シナリオ・原画を担当するのは、さまざまなシチュエーションCDや乙女ゲームを発表していることで知られる、人気ユニット・ひつじぐも。
PS Vita版新キャラクターとして柿原徹也さん演じる伊東慶次も追加され、シナリオ・イベントグラフィックともに大幅ボリュームアップ。
より豪華仕様にリニューアルしました!
◇「逆転吉原」とは
恋ゲームSNS「スマホカレシ」内で30万人以上がプレイした人気恋愛ゲーム。
現在は単体アプリ「逆転吉原」、海外版「Forbidden Romance: The Men of Yoshiwara」としてワールドワイドで配信中。
■ストーリー
ある女は子が欲しいばかりに。ある女は愛を求めて。
――この遊郭で、誰のものにもならない男の一夜を買う。
男性の産まれない『女宝島』で育った主人公。この島に住む女たちが、男性と触れ合う機会はただ一つ??それは、吉原の遊郭で『男』を買うことだけだった。
そのことを不思議に思うこともなく、母とともに平穏な日々を過ごしてきた主人公は、ある日、お使いで吉原へ行くことに。
そこで偶然にも、美しい男たちの花魁道中を生まれて初めて目にた彼女は、ヒロインは吉原で働く男花魁にすっかり心を奪われてしまう。
『どうですか、今夜一席、もうけましょう』
そして、彼女は数ある吉原一大揚屋(遊郭)の一つ・『菊屋』へ足を踏み入れることとなる……。
■主人公と、彼女を翻弄する男花魁たち
◇偉宝みさを(ひでとみ みさを)※名前変更可
『女宝島』で、母とともに船問屋を営んでいる生娘。かなりの奥手だが、一度恋に落ちると一途に愛を貫き、相手のためを想って行動する。
◇高尾(たかお) 声:森久保祥太郎
「お前を欲しがったのは、ただの一人の男……高尾だ」
菊屋の誇る人気No.1の花魁で、「手に入れられないものは何一つない」と豪語する俺様な人物。根は素直だが、その怖いもの知らずな言動が問題になってしまうことも多い。
◇ときわ 声:鳥海浩輔
「アンタ、初めてなんだろう?だから、選ばせてやるよ」
異国の血の入った青年で、美しい金髪が特徴。つい先日まで売れっ子だったが、客の女に誘拐されかかり、騒ぎを起こした罰として高尾の付き人をさせられている。
◇神楽(かぐら) 声:置鮎龍太郎
「ここは遊郭。私たちは夢を売るのが生業だ」
剣術や書道などをたしなみ、吉原随一の教養を持つと言われている菊屋の人気花魁。他人に心を許さず、誰に対してもつねに一歩引いた態度で接する。
◇かげろう 声:野島健児
「この指先も声も、すべては女を悦ばせるためにあることはよく知っています」
まだ身を売ったことのない新人で、神楽の付き人として修行をしている。毒舌家で、相手が誰であろうと決して媚びることはない。
◇いろは 声:黒田崇矢
「ようやく本物の口づけを味わせてあげることができますね」
謎めいた笑みを浮かべて、みさをを菊屋に案内してくれる人物。とある事情で遊郭に売られ、現在は菊屋を管理する役職についている。そんな彼には重大な秘密が……!?
◇伊東慶次(いとうけいじ) 声:柿原徹也
「いいね。早いところ深く酔っ払って俺に甘えるオマエの可愛い姿、たっぷり見せてくれよ」
PS Vita版新キャラクター。他の見世で粗相をしたことから菊屋にやってきた。自由奔放な振る舞いをするが、どこか繊細な部分を感じさせることも。
■権利表記:©2015 Hituzigumo ©2015 VRIDGE INC. ©2015 D3 PUBLISHER