【中古即納】[PSVita]神咒神威神楽 曙之光(かじりかむいかぐら あけぼののひかり) 初回限定版(20130425)

商品コード 10230132001
0件

販売価格(税込):
販売価格¥2,194

税込み

在庫:
売切れ
すぐ購入する

商品説明

【必ずご確認ください】
・アンケートハガキ、オビ、チラシ、ページに記載のない特典などが欠品している場合がございます。
・DLコードやシリアル番号等の保証は一切ございません。
・ディスク・カードには使用に支障の無い程度の傷がある場合がございます。
--------------------
【基本情報】
■タイトル:神咒神威神楽 曙之光(かじりかむいかぐら あけぼののひかり) 初回限定版
■機種:プレイステーションヴィータソフト(PlayStation VitaGame)
■発売日:2013/04/25
■メーカー品番:LIGHT-7936
■JAN/EAN:4529904002263
■メーカー:ヴューズ
■ジャンル:和風剣戟AVG
■対象年齢:CERO C 15才以上対象
■プレイ人数:1人

【商品説明】
■初回限定版同梱特典
・オリジナルドラマCD
・ビジュアルファンブック

-------------------------

■神州・葦原中津国を舞台にした、化外との戦いを描く「和風剣戟アドベンチャー」の本作が満を持してPS Vitaに登場!

「正田 崇」が手がける完全新規のシナリオ、Gユウスケによる完全新規グラフィックが追加!
さらに、全四章の追加シナリオ「如月の章」「弥生の章」「箱根の章」「龍明の章」を完全新規シナリオとして収録。
そして、まだ見ぬ新たなる終幕が綴られる……

■ストーリー
建国の起源を遡れば、異形討伐の戦に行き着く神州・葦原中津国。
諸将が天子の奉戴を競い合い、数多の血が流れた動乱の時代は、国土の東半に未開の領域が広がっている事実が明るみに出たことで、急転直下を迎える。

東征戦争。

建国の英雄憚になぞらえて、東地を制した者こそが天下を握れる。
そうした野望に取り憑かれ、侵攻した諸将たちは、しかし東の軍勢によって敗れ去った。
それは常軌を逸したものであり、人知を超えた魔であったという。

そして三百年。
敗北の事実と国家の疲弊を諸外国に悟られぬよう、鎖国体制に入っていた神州だったが、東から流入する陰気の汚染と開国を迫る外異を前に、今や存亡の危機にあった。

ゆえに陰気を払うべく、そして列強と渡り合うべく、ここに再度の東征が幕を開ける。
負けられぬ戦い。
湖に塩は不要。
それが混ざれば必然として戦が生じる。これは紛れもない生存競争。
征夷の将となった久雅竜胆は、汚染によって半異形となった者らを率いて空前の戦に身を投じる。
その果てに、彼らはいったい何を見るのか。

■ヒロイン紹介
◇久雅こが竜胆りんどう【『神世創生篇』ヒロイン】(CV:中島 沙樹)
神州において、士族の頂点に立つ久雅家の当主。その激しい気性から、久雅の鬼姫と呼ばれている東征軍の総大将。とはいえ彼女の信条は五徳に基づく人の世の当たり前にすぎないのだが、作中においてそれは異端であり、異常者の理屈とされているのが現状。すなわち、狂った世で一人まともな彼女が狂気と認識されている。そうした周囲とのズレに葛藤しながら、しかし竜胆は変わらない。狂人扱いされつつも、太平の世を夢見て化外討伐の東征に赴く。

◇凶月きょうげつ咲耶さくや【『楽土血染花篇』ヒロイン】(CV:高田 初美)
凶月一族の姫にして、刑士郎の義妹。高純度の異能者であるため歩く爆弾と認識されており、常に厳重な封印と監視の下、自由のほとんどを剥奪されている。そうした彼女を救おうと奮闘する刑士郎に妹という立場を超えた思慕を抱き、兄の力になるため東征に参加する。か弱く儚げな外見とは裏腹に芯は強く、思ったことは何でも言うし話も長い。好戦的で仲間意識の薄い刑士郎を制御できるのは、実質的に彼女だけ。

◇玖錠くじょう紫織しおり【『威烈繚乱篇』ヒロイン】(CV:河原木 志穂)
代々禁裏を守護する武術集団、玖錠家の長子。とはいえ本人に流派を継ぐ気はないらしく、家督は弟に譲る予定。それというのも、自身の技を陰が混じった邪道と認識しているためで、皇室守護の武に相応しくないと思っているから。己の代で玖錠の陰技を完全に終わらせるため、歪みの元凶である化外を討伐するべく東征に参加する。基本、快活で人当たりの良い姉御肌だが、戦いになれば一切の容赦がない非情な人物。しかし平時は慎みを持った大和撫子であったりしつつ、それでいながら女性的な羞恥心が欠落しているという捉えどころのない性格。そのため、他者から見た彼女の印象はだいたいにおいて一致しない。

◇御門みかど龍水りゅうすい【『咒皇百鬼夜行篇』ヒロイン】(CV:小林 桂子)
龍明の養女であり、夜行の許婚。神州における全術師の頭領たる御門の世継ぎだが、陰陽道に傾倒して本来の適性を歪めている。それというのも夜行の術に憧れているからで、彼に認めてもらいたいという思いが何よりも強いから。しかし現状、その意気込みは空回っており、望んだ結果は出ていない。義母である龍明を崇敬してはいるのだが、この一点のみ頑なに反発している。東征に参加するのもそうした気持ちの延長で、常に夜行の背中を追っている。

■権利表記:©2013 light

最近閲覧した商品