【中古即納】[PSP]Memories off 6 Next Relation(メモリーズオフ6 ネクストリレーション)(20101014)

コンディション

【必ずご確認ください】
・こちらは内容物の状態及び動作に問題のない中古商品となります。
・外箱やパッケージに経年変化による軽度な擦れや、汚れ等がある場合がございます。
・ディスク/カード/カセットには使用に支障のない程度の傷がある場合がございますが、プレイ自体に支障は御座いません。
・DLコードやシリアル番号等の保証はございません。
・バックアップ電池(レトロゲームのセーブに使われる電池)の保証はございません。

商品コード 10211087001
0件

販売価格:
販売価格962(税込)
在庫:
売切れ

商品説明

【基本情報】
■タイトル:Memories off 6 Next Relation(メモリーズオフ6 ネクストリレーション)
■機種:プレイステーションポータブルソフト(PlayStation PortableGame)
■発売日:2010/10/14
■メーカー品番:ULJM-05762
■JAN/EAN:4560248017452
■メーカー:MAGES.
■ジャンル:恋愛アドベンチャー
■対象年齢:CERO B 12才以上対象
■プレイ人数:1人

【商品説明】
「メモリーズオフ6 ~T-wave~」から続く物語がいよいよPSP®「プレイステーション・ポータブル」に登場!!

本作は2009年8月27日に発売された同名タイトルをPSP®に移植したものです。
この「メモリーズオフ6 Next Relation」は、その前作にあたる「メモリーズオフ6 ~T-wave~」のアフターストーリーが収録されたものです。
恋愛の痛みを描き続けるアドベンチャーゲーム『メモリーズオフ』シリーズ

メモリーズオフシリーズは、恋愛の切ない想い、はかなさをテーマにした恋愛アドベンチャーゲームです。
1999年にプレイステーション専用ソフトとして発売された『メモリーズオフ』は、その後シリーズ化され、現在までシリーズ7作、スピンオフ作品、ファンディスク、移植版などを含め、様々なプラットホームで計18作以上ものラインアップが発売されています。
物語はヒロイン達との恋愛関係を通じて進行します。 しかしながら結末に至る道のりには、切ない思い、裏切りや不信感、出会いや別れ、心の痛み、時には修羅場といわれる凄絶な場面を経験し、恋愛の痛みを描いています。

ヒロインたちとの間に流れる甘くもどかしい気持ちが描かれる「Next Relation」

前作で迎えた5人のヒロイン達とのそれぞれのハッピーエンドを引き継いだ5つの物語が、個別に展開していきます。
本編での切なく儚さをも感じさせる物語とは反対に、その痛みを乗り越え恋が成就した後の甘く、もどかしくもある微妙な心の裡を描きます。
ゲーム内容

プレイヤーは本作の主人公の視点で行動し、恋愛対象となるさまざまなヒロインたちとのコミュニケーションを通じてストーリーを進行します。
途中で現れる選択肢によって各ヒロイン固有のエピソードが展開し、主人公との関係を深めていきます。
ゲームは、各ヒロインのエンディングを迎えることが目的となります。
新規要素-オープニングテーマ曲を新規収録

PSP®版への移植に際して、新規オープニングを収録しています。
オープニング曲は、メモリーズオフシリーズの本編として7作目にあたる最新作「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」のオープニング曲を担当する「Zwei」(ヅヴァイ)が本作にも参加。
本年10月よりいよいよ誕生から11年目に突入するメモリーズオフシリーズの節目となる重要な2タイトルのオープニングをZweiが飾ります。
ストーリー
【りりす編『想いのかたち』】

恋人同士と認識し合ってみたものの、幼い頃からの付き合いの長さからか、簡単には変化のないふたり。
どちらも意識し合っているのだが、それがかえってぎこちなさに繋がってしまう。
「こんなものが、きっと似合っている」」「でも……」
そんなある日、あばあちゃんから旅行の誘いを受ける。
夏の日差しに照らされた自然の中で、二人で過ごす甘いひととき……。
ふたりきりになって、りりすの【好き好きオーラ】が発現!
【智紗編『気持ちの歩幅』】

晴れて恋人同士となり、登下校時や休み時間はいつもふたりの時間。
特に智紗の甲斐甲斐しい彼女っぷりは評判で、周囲からは夫婦扱いされている。
志雄は嬉しく恥ずかしく感じながらも、そんな智紗に違和感を感じていた……。
「何か、無理して無い~ 自分の時間も大切にしてね~」
「大丈夫。ただ、毎日いっしょにいられるのが楽しくて。嬉しくて」
再婚した父夫婦から家族旅行の誘いを受けた、志雄。
智紗もいっしょに連れて行くことになったのだが……。
智紗の想いは暴走気味~ 【私、お父様に認めてもらうわ!】
【クロエ編『心のマリアージュ』】

初夏。大学へ通うクロエと志雄は、週に数回だけ会っている。
「毎日会うと志雄に甘えすぎてしまうし、忙しいのに迷惑かけてしまうから」という理由で週末のみとクロエが決めたから。……
だが、クロエ自身が守れない。
「きっ、奇遇ね。こんなところで会うなんて……」
「……こんな所も何も、学校の前ですよ~」
ふたりでする買い物。浴衣や水着を見つつ、花火や海水浴の約束をかわす。
受験や生徒会で忙しい日々だが、ふたりの初めての夏は、もう始まっていた……。
【少しの間だけ泊めてもらってもいいかしら~】
再び始まる同居生活!~
【鈴編『クォリファイ・ペリオッド』】

すっかり馴染んだ日常。鈴羽は志雄のマンションの一住人であり、また志雄の良き理解者であり、また友人であり、傍から見れば恋人……にはちょっとだけ届かない、そんな存在。
そんなある日、弟の「信」にちょっとカマをかけられてしまい……。
小説のネタに行き詰まったと「言い張る」鈴が提案する。
「ねぇ、夏休みだよねぇ……。旅に出よう!」
「……はい~」
勢いで始まった旅先で、ふたりは疑似カップルのような状態に。
志雄は、鈴のことが好きという想いを一層確信する。
いつも通りのノリに見える鈴も、どうやらまんざらではなさそうなのだが……~
【あたしは心配されるのに慣れてないみたいだ】
【結乃編『想いは波に乗せて』】

生徒会での忙しい日々。でも結乃と一緒にいられるかけがえのない時間でもあった。
この夏が過ぎたら受験準備に忙しくなり、ふたりで一緒にいられる時間は短くなってしまう。
だから夏休みは、結乃と楽しく過ごそうと決める志雄。
「しょうが……ねーよな~」
「はい、しょうがねーです」
そんなある日、二人はハマサキFMで行われるラジオ番組のコンテストのことを知る。
二人の共通の趣味「ラジオ」。
もちろん参加を決意する志雄と結乃。二人の想いは波に乗ってみんなの元へ、そして志雄と結乃それぞれの心に届くだろうか~
【ふたりの思い出がつくりたいんです】

■権利表記:©2009-2010 5pb. Inc./CYBERFRONT

関連商品

最近見た商品